VIOラインの事前処理

脱毛エステでVIOライン(ハイジニーナ)脱毛をする場合に必要な、シェービングなどの事前処理について。

VIOライン(ハイジニーナ)

脱毛エステに行く前の事前処理

VIOラインに限らず、脱毛エステ(光脱毛)で脱毛する場合には、事前処理が必要になります。 通う脱毛エステによって指定される日数は違いますが、 脱毛の前日~3日前までに、脱毛する部分のシェービングをしておく必要があるのです。

VIOライン(ハイジニーナ)脱毛をするのであれば、VIOラインのシェービングをしておく必要があります。

ですが、ここでちょっと問題が起きてしまいます。 自己処理になれている人なら、VIO用の電動シェーバーや安全カミソリなどを使って、IラインやOラインまでシェービング出来ると思いますが、 慣れていない人にとっては、IラインやOラインのシェービングは難しいものです。

なので、IOラインのシェービングに自信がない人は、シェービングをしてくれる脱毛エステを選ぶようにしてください。 シェービングを一切してくれない脱毛エステもありますが、有料でシェービングをしてくれる脱毛エステもありますし、無料でしてくれるところもあります。

当日にシェービングすることになりますが、プロにやってもらうので、ムダ毛の長さはもちろん、肌への影響も問題ないと思いますし、 なにより慣れていないことをして、大切なデリケートゾーンに傷をつけてしまったら、脱毛どころの騒ぎではありません。

脱毛エステでVIOライン(ハイジニーナ)脱毛をする場合は、VIOラインのシェービングを、 事前処理としてしなければいけないことを考慮して、脱毛エステを選ぶと良いと思います。

尚、慣れていない人で、どうしても自分でシェービングしてから行きたい人は、電動のシェーバーを購入すると良いともいます。 肌を傷つける可能性はありますが、処理してもカミソリよりは肌にダメージを与えません。

電動シェーバーは、髭剃りのようなものではなく、もみあげをそろえるような、髭剃りについているキワゾリ刃のようなものです。 VIOライン専用の物もありますので、そういったものを使うと良いとおもいます。

どうしてシェービングが必要なのか?

脱毛エステで使っている脱毛器は、光脱毛器(フラッシュ脱毛器)と呼ばれるもので、照射される光は黒い色に反応します。 シェービングした短いムダ毛も黒いですので、光が反応するのです。

光に反応したムダ毛は、毛乳頭や毛母細胞に作用するので、ムダ毛が抜け落ちます。 これを繰り返すことで、ムダ毛が生えてこなくなるのです。

ですが、ムダ毛が長いと、上記のような脱毛効果が得られないので、シェービングする必要があるのです。 シェービングしていなかったり、シェービングが雑で長いムダ毛が残っていると、脱毛エステで施術を断られることもあるので、 剃り残しがないように、尚かつ肌を痛めないように丁寧にシェービングしてください。

自身がない場合には、事前にシェービングのサービスがある脱毛エステを選び、 脱毛エステでシェービングしてもらうようにしましょう。

Copyright © ハイジニーナVIOライン脱毛
円安