デリケートゾーンの黒ずみ

VIOライン(ハイジニーナ)脱毛で黒ずみの解消は出来るのか? まずは、黒ずみの原因を知ることで黒ずみの悩みが解消できるかも?

VIOライン(ハイジニーナ)
サイトトップ > 脱毛エステ トップ > 黒ずみを予防?

デリケートゾーンの黒ずみの原因は?

VIOライン(女性器)の黒ずみと脱毛の関係を知る前に、黒ずむ原因を知っておくと良いと思います。 はっきりとした原因はわからないまでも、いくつか原因とされていることがあるので順番に紹介します。

黒ずみの原因はメラニンによる色素沈着なのですが、日本人はメラニンの保有量が、もともと多い人種です。 なので、ホルモンの関係などで、年齢と共に沈着する傾向があります。 体質などの個人差はありますが、日本人(黄色人種)として黒ずみのは自然なことなのです。

また、下着などでの摩擦でも黒ずみは起こります。 下着やパンツスタイルなどのファッションによる擦れが生じると、それが黒ずみへとつながるのです。

下着と同じ様に、肌への刺激による原因として脱毛があります。 脱毛の仕方によっても違いますが、肌への負担が大きい「抜く」「剃る」と言ったムダ毛処理を繰り返すことで、 黒ずみが進行するとも考えられています。

最後が不衛生な環境によって起こる炎症も、黒ずみの原因とされています。 生理用品を取り替えず、長時間使い続けたり、キレイな下着に履き替えず、汚れたままの下着をはき続けるなどすると、 炎症が引き起こされることがあり、それが黒ずみに繋がります。

常に清潔に保っているつもりでも、かぶれた経験がある人は、 ひょっとしたら不衛生な環境にしてしまっていたのかもしれません。

ちなみに、世間的に良く聞かれる、「遊んでいる人は黒ずんでいる。」「黒ずんでいるのは、経験人数が多いから。」と言うのは、全くと言って良いほど関係ありません。 医学的にも証明されていることですし、単なる噂、都市伝説ですので、完全にスルーしてしまって構いませんよ。

黒ずみと脱毛の関係は?

先程少し紹介しましたが、肌への負担が大きい脱毛を繰り返すことで黒ずみは起こります。 これは肌が肌を守ろうとしたときに、メラニンが増えてしまうこと原因です。

理屈的には同じことなのですが、乾燥肌や汗疹などで毎年同じ部分をかいてしまうと、肌が薄くなり色素沈着してしまいます。 同じ部分の肌を何度もかいていると、その部分の肌を守ろうとしてメラニンが増え、色素沈着するのです。

ですので、繰り返し肌にダメージを与える「剃る」「抜く」などの脱毛方法は、黒ずみの原因のひとつにあげられるのです。

また、女性器周りを不衛生にすることも、炎症を引き起こし黒ずみの原因になるとされているのですが、 VIOラインのムダ毛をキレイに処理していることで、ムダ毛があるよりも、衛生的に保つことが出来るとも考えられます。 さらにIラインは、ムダ毛があるかないかで、下着による擦れる刺激の強さも違うかもしれません。

つまり、定期的なムダ毛の処理が必要ないように、VIOラインの脱毛を完了させておくことは、 肌への刺激を少なくし、清潔に保ちやすくなるので、黒ずみ予防につながる可能性があるのではないかと思います。

もちろん、自己処理では定期的なムダ毛処理が必要になってしまうので、 ムダ毛が生えてこなくなる、脱毛エステでのVIOライン(ハイジニーナ)脱毛が必要となります。

日本人はみんな黒いんだよ!

VIOライン(ハイジニーナ)脱毛済んだら、白人女性のように、肌の色とVIOラインの色が同じになることに憧れる人も多いかもしれませんが、 日本人に生まれてきた以上、それを望むのはちょっと難しいのです。

上記でも紹介したとおりに、日本人はメラニンが多いので、色素沈着しやすいのです。 個人差があるので、白人女性のように同じ色の人がいないわけではありませんが、黒ずんでいるのが、ある意味普通なのです。

なので、他の人よりも黒ずんでいるのではないかと、あまり悩まなくても大丈夫です。

でも、「他の人が黒ずんでいるなら、肌と同じ色のスペシャルな存在に私はなりたい!」なんて野心を、 メラメラ燃やしてしまう人もいるかもしれませんね。

脱毛エステでVIOライン(ハイジニーナ)脱毛を完了させ、石鹸やジェルなど、デリケートゾーンの黒ずみ対策商品を使えば、 少しは黒ずみが解消されるかもしれませんが、大きな期待は出来ないと思います。 既に黒ずみがあるのであれば、肌と全く同じ色にはならないと思うのです。(体質的に。)

それでも、VIOライン(ハイジニーナ)脱毛する前と後では、した後の方が、黒ずみが薄くなって、肌の色に近くなったのは間違えありません。 もちろん、それなりのケアは必要だと思いますし、個人差があると思いますので、 VIOライン(ハイジニーナ)脱毛した人全ての黒ずみが良くなるわけではないと思いますけどね。

Copyright © ハイジニーナVIOライン脱毛
円安