Vラインの長さ

VIOライン(ハイジニーナ)脱毛を脱毛エステでした後は、基本的に脱毛の処理は必要ありませんが、Vラインの長さを整える必要はあります。

VIOライン(ハイジニーナ)

Vラインの長さを整える!

脱毛エステでVIOライン(ハイジニーナ)脱毛を完了すれば、ムダ毛を剃ったり抜いたりする手間はかかりませんが、 Vラインを残したのなら、必要に応じてその部分の長さを整える必要はあります。

どのくらいの長さにしておくかは、個人の好みの問題になりますし、 一年中同じ長さにしておくのかどうかも、個人の自由だと思います。

ただ、注意して欲しいのが、Vラインのアンダーヘアーを整える長さです。

自然に長くしておくのは、まだ良いのですが、短くしすぎると、チクチクしてしまうので注意が必要なのです。 さらに、水着や下着から顔を出してくることもあるので、短くしすぎないように気を付けてください。

具体的にどのくらいの長さにすると、チクチクしたり、水着や下着から顔を出すのかは、 毛質などでも違うと思うので、断言は出来ませんが、2cm程度の長さであれば大丈夫だと思います。

ただ、100%チクチクしたり、飛び出してこないと言う保証は出来ませんので、 長めにカットして様子を見ながら短くしていってください。

チクチク、飛び出し対策にヒートカッター

アンダーヘアーを短くしたり、シェービングして生えてきたりすると、チクチクしたり、 水着や下着から飛び出してしまうのは、お手入れをしている人の間では有名な話かもしれません。 ですので、ハサミなどではなく、ちゃんとアンダーヘアーをカットする道具があります。

熱線を使ってアンダーヘアーをカットする道具で、「ヒートカット」とか、「ヒートカッター」などと言われます。

熱で焼ききることで、毛先を丸めてくれるので、チクチクし難く、水着や下着からも飛び出しにくいです。 なので、脱毛エステでのVIOライン(ハイジニーナ)脱毛を完了しているのなら、 Vラインはこのヒートカッターでカットすることをオススメします。

ヒートカッターにもいろいろとあるのですが、購入するときは、電池式の小型のものではなく、 コンセント式や充電式のパワーの強いものがオススメです。

電池式などのコンパクトなものは、パワーが弱いので、一度に数本しかカットできませんし、 連続での使用も困難で、こげる臭いを堪能する羽目になってしまいます。

コンセント式や充電式のパワーのあるのもでしたら、10~30本は一度にカットできますし、 連続でカットも出来ますので、素早く処理を済ませることが出来るからです。

Vラインを小さく残している人でも、コンパクトサイズのものではイライラすると思うので、パワーのあるものを購入してください。

尚、毛が燃える臭いがしますので、換気の良いところで素早く済ませましょう。

Copyright © ハイジニーナVIOライン脱毛
円安