Vラインの形

Vラインのムダ毛を脱毛をしたり処理をするときに、参考になるVライン(アンダーヘアー)の形を紹介します。

VIOライン(ハイジニーナ)
サイトトップ > 脱毛エステ トップ > Vラインの形

Vラインの形、アンダーヘアーの形

脱毛エステでVラインを残すとき、一番悩むのがその形です。 基本的に脱毛エステでかVラインの形を整えてしまうと、ずっとそのままになりますので、じっくり考えてから形を決めるようにしましょう。

そんな訳で参考になるであろうVラインの形を紹介します。 様々な呼び方や見解の違いが、人や脱毛エステによってありますので、参考として見てくださればと思います。

ナチュラル(自然な形)

水着や下着などからはみ出さないように、自然な形でVラインを残す形です。 アンダーヘアーのサイドと上部を少し処理する感じです。

脱毛エステの場合、全体の毛量を減らしてかた形を整えることが多いので、 ナチュラルで残しても、全体的に軽くなる印象があると思います。

サイドや上部を広めに脱毛すると、残す部分を小さく出来ますので、好みによって残す範囲は変えられます。

脱毛エステでVIOライン(ハイジニーナ)の脱毛をしていて、Vラインの形を迷っているのなら、 ナチュラルで広めに残しておくのが無難だと思います。

トライアングル(逆三角形)

逆三角形にアンダーヘアーを残すVラインの形です。 ナチュラルに近い感じですが、ナチュラルよりも水着や下着に合わせて逆三角形に残す感じです。

ナチュラルと同じように、上部とサイドの脱毛範囲によって、大きさが変えられます。

オーバル(卵型)

全体的に丸みを帯びた卵型に残す形です。 あまり大きく残すと、横幅がありすぎて、水着や下着によっては、はみ出す危険性もありますので注意してください。

卵を真丸に近くするか、縦長にするかは好みで決められます。 大きさも自由で、小さくする場合は、Vラインの下の方にちょこんと残すことが多いです。

スクエア(長方形)

縦長の長方形にでアンダーヘアーを残す形です。 長さや太さによって、ツーフィンガーやワンフィンガーなどとも呼ばれます。 ツーフィンガーなら指2本分、ワンフィンガーは指1本分と言うことです。

一般的に、ツーフィンガーなら縦長で横も広め、ワンフィンガーなら下の方に少し残す感じです。

ハート

アンダーヘアーをかわいいハート型に残すVラインの形です。 大きさや長さなども様々ですが、海外で人気になったのは、下の方に小さめに残すハート型になります。

脱毛エステでハート型に対応できるのかはわかりませんので、ハート型にしたい場合は要確認ですが、 良くも悪くも、ずっとハート型でいることになるので、良く考えてから脱毛しましょう。

その他の形

上記以外にも、星型や稲妻型など、様々な形がありますし、ある意味Vラインの形をどうするのかなんて自由なのです。 ただし、脱毛エステで対応できる形には限界があると思いますので、 複雑な形にしたい場合は、申し込み前に相談しましょう。

全処理

Vラインの形を説明しているのに、何も残さなず全て脱毛してしまう、全処理の説明をするのもなんなんですが、 一般的にパイパンとか呼ばれている無毛にしてしまう形(?)です。

全処理してツルツルにしてしまうことを、海外では一般的にハイジニーナと呼びますが、 日本の脱毛エステなどで、VIOラインの脱毛のことをハイジニーナというので、 日本ではVIOライン脱毛のことだと認識して、混乱しないようにしましょう。

全て処理するばスッキリしますし、ムダ毛の心配を一切しなくて済みますが、 温泉などで人に見られると恥ずかしいと思う人も多いようです。

ですので、「温泉なんかには行かない!」「人の目は気にしない!」などの強い心の持ち主か、 全部処理することにポリシーも持てる人向きの、アンダーヘアーの処理方法かもしれません。

以上がVラインのアンダーヘアーを残す形の参考です。 IOラインは、全部処理してしまう人が殆どだと思いますが、Vラインにあわせて、自然をIラインを残す人もいるそうです。

人気のVラインの形は?

Vラインの形で人気なのが気になるかもしれません。 「私はあまり気にしなかった。」と言いつつ、脱毛エステでVIOライン(ハイジニーナ)を脱毛しているとき、 初めの数回は、毎回のように「Vラインの残し方で人気の形ってどんなのですか?」とか聞いてました。

その話をまとめてランキングにすると、以下のようになりますが、本当に人それぞれのようです。

  • 1位 ナチュラル(自然な形)
  • 2位 トライアングル(逆三角形)
  • 3位 スクエア、オーバル

以上のように、自然な感じに見えるナチュラルやトライアングルが人気のようですが、 人気の形はあまり気にしなくても良いような気がします。

Vラインのアンダーへアーの形については、本当に個人の自由だと思いますので、 後で後悔のないような形や大きさを選んでおいて下さい。

Copyright © ハイジニーナVIOライン脱毛
円安