VIOライン 家庭用光脱毛器

家庭用脱毛器でVIOライン(ハイジニーナ)脱毛はできるの? 家庭用脱毛器で脱毛するのは簡単?

VIOラインの自己処理
サイトトップ > 自己処理 トップ > 家庭用脱毛器

家庭用光脱毛器でVIOライン(ハイジニーナ)脱毛

家庭用脱毛器にも種類がありますが、フラッシュ脱毛器と呼ばれている光脱毛器であれば、VIOライン(ハイジニーナ)脱毛も出来ます。 (メーカーがVIOラインの使用を推奨していないことが多いので、自己責任で処理することになります。)

ただ、一番ネックになるのは、やはり脱毛部位を確認し難い(見えない)ことと、体勢を作るのが難しいことです。 VIOラインはデリケートゾーンと言われる部分ですので、脱毛器を使う部位を確認出来ないまま行うのは危険です。 鏡などで確認できていても、脱毛器を使うための体勢が整わないと、照射位置がズレるなど、やっぱり危険なのです。

ですので、もし家庭用脱毛器でVIOライン(ハイジニーナ)脱毛をしようと思っているのなら、 旦那さんや恋人など、施術してくれるパートナーがいた方が良いでしょう。

脱毛器の価格はいろいろですが、評判の良い脱毛器ですと、脱毛エステに行くのと大して変らないことも多いと思いますので、 脱毛エステのスタッフにやってもらうか、パートナーにやってもらうか、どっちの方が恥ずかしくないかということになりそうです。

なぜフラッシュ脱毛器なら良いのか?

VIOライン(ハイジニーナ)の脱毛に、なぜ光脱毛器なら良いと思うのかは、ちゃんと施術さえ出来れば得られる結果が、 脱毛エステに行くのと大きな差がないと考えられるからです。

もちろん、脱毛エステに備わっている光脱毛器とは、価格も含め、性能などや施術者に差がありますが、 結果的に得られる効果は、脱毛エステと同じなのです。

つまり、一度脱毛処理を完了させてしまえば、基本的にその後はムダ毛が生えてこなくなるので、 定期的にVIOラインの脱毛をしなくても良くなります。

ですが、抜いたり、剃ったり、焼き切る脱毛器は、手で抜いたり、剃ったり、カットするのと、 基本的に同じ効果しか得られないので、意味がないのです。

一時的にムダ毛の処理をして、その後は手入れをしないのであれば良いのですが、定期的に処理することを考えれば、肌トラブルの元になるので、 ムダ毛の処理をし続けることは、手間が掛かるだけではなく肌への負担が大きいのです。

フラッシュ脱毛器以外の脱毛器は、手でやるよりは簡単ですが、ムダ毛が薄くなったり、 生えてこなくなることはないので、販売メーカーの方で生えてこなくなると謳っていても、過剰な期待はしない方が良いでしょう。

私の経験上の話をすると、フラッシュ脱毛器とレーザー脱毛器以外では、 ムダ毛が薄くなったり、生えてこなくなることは一切ありませんでした。

家庭用レーザー脱毛器はダメなの?

フラッシュ脱毛器(光脱毛器)と同様に、何度か処理することによって、実際に毛が生えてこなくなる家庭用レーザー脱毛器。 フラッシュ脱毛器との違いは照射範囲にありますが、VIOライン(ハイジニーナ)であれば範囲も広くないので、 レーザー脱毛器でも良いのかもしれません。

ただ、私が友人に借りて使ったレーザー脱毛器(たぶん一番有名なレーザー脱毛器)は、ものすごく痛かったです・・・。

友人が持っていたレーザー脱毛器を借りて、Vラインの脱毛にチャレンジしたのですが、 フラッシュ脱毛器とは比較にならない痛みで、私はちょっと耐えられませんでした。

友達にフラッシュ脱毛器よりも痛いと聞いていたので、出力も控えめにし、心構えもしていたのですが、 それでも度肝を抜かれちゃうくらい痛かったので、数回頑張って終了。 痛みに耐えることが出来ずに、心が折れてしまったのです。

本当は、VIOライン全部やろうと思っていたのですが、フラッシュ脱毛器ではVラインは痛みが殆どなく、下のIラインに近づくにつれ痛みが出てきます。 それを考えて、VラインもIラインから遠い場所に照射したのに、痛くてビックリしてしまったのです。

痛みに強い人なら平気なのかもしれませんが、脱毛完了までに何度もこの痛みと戦うのかと思うと、とても使う気にはなれませんでした。

それと、脱毛器自体が大きいので、ちょっとVIOライン向きではないかもしれませんね。 重みもあるので手も疲れてしまいそうですし、厳しい体勢での照射は難しそうです。

Copyright © ハイジニーナVIOライン脱毛
円安