埋没毛

自分で脱毛していると出来てしまう埋没毛。埋没毛はどうして出来るのかなどを解説しています。

VIOラインの自己処理
サイトトップ > 自己処理 トップ > 埋没毛とは?

埋没毛とは?(まいぼつもう)

埋没毛(まいぼつもう)とは、肌の下に毛が生えている状態。つまり、肌に毛が埋没している状態の毛のことを言います。

埋没毛はムダ毛を抜いたり、剃ったりするとき、肌が痛んでしまい、 ムダ毛が生えてくるよりも先に、その肌が修復されてしまうことで起こるのです。

ムダ毛の処理を抜いたり剃ったりしていると、埋没毛になることがあるのですが、 処理の回数が増えれば増えるほど、埋没毛も増えていく傾向があります。

脱毛後に毛穴がふさがることで起こることもあるので、肌が落ち着く脱毛の数日後に、 優しくクレンジングなどをして、毛穴をキレイにしてあげると、埋没毛の予防になったりしますが、 完璧に埋没毛をなくすことは出来ないので、抜いたり剃ったりのムダ毛処理は出来るだけ避けるようにしましょう。

特に毛穴や毛穴まわりのダメージが大きい「抜く」行為は、埋没毛になりやすいので注意が必要です。 毛抜きで抜いても、抜くタイプの脱毛器で抜いても、ワックス脱毛で抜いても埋没毛になります。 1、2本ならまだ良いと思いますが、広範囲にわたって抜く脱毛をするのは控えるようにして下さい。

埋没毛はどう治す?

埋没毛を治すには、皮膚の下に埋まっている毛を、皮膚から救出するしかないのですが、 無理やりやれば肌を痛めてしまうのは言うまでもありません。

ですので、一番良い治し方はそのままにしておいて、自然に毛が肌から出てくるのを待つのです。放置プレーです。

埋まっているだけの埋没毛で、数が少なければ、そこまで目立たないと思うので、 肌の為にも放置して、自然に出てくるのを待つようにしましょう。

化膿してにきびのように・・・。

数が少なく、薄い肌の下に毛が埋没しているくらいなら良いのですが、炎症を起こして化膿することもあります。 炎症を起こしたり、化膿したりしてにきびのようになると、見た目が非常に汚くなりますし、跡が残ってしまうこともあります。

顔のにきびは誰もが嫌がるものですが、Vラインの埋没毛による炎症も全く同じだと思います。 せっかくお手入れしたVラインも、埋没毛による炎症や化膿によって、水着や下着で隠れない部分に、 にきびのようなものができてしまっては、見た目が汚くなるのは簡単に想像ができると思います。

ですので、抜いたり剃ったりしてVラインのムダ毛を手入れするのは、非常に危険なのです。 もちろん、IOラインにも同様のことが言えます。

埋没毛を予防する意味でも、埋没毛にならないように、抜く、剃るといった脱毛方法は避けるようにしましょう。

埋没毛の予防には、脱毛が終わればムダ毛の処理の必要がなくなる、脱毛エステに任せるのが一番です。 抜いたり剃ったりの脱毛を繰り返すのではないので、埋没毛になる可能性も非常に低いのです。

そしてなにより、肌に優しいですし、VIOライン(ハイジニーナ)脱毛が終わば、キレイなVIOラインを手に入れることが出来ます。

*脱毛エステでの施術前には、シェービングすることになりますが、ここで埋没毛の要因を作らなければ、 脱毛エステの施術自体では、埋没毛になることはまずありません。

Copyright © ハイジニーナVIOライン脱毛
円安