VIOラインのムダ毛を剃る

ムダ毛処理で一番多い脱毛方法が剃るシェービング。誰もがやっている方法ですが、VIOライン(ハイジニーナ)のムダ毛も、剃って処理して良いのでしょうか?

VIOラインの自己処理
サイトトップ > 自己処理 トップ > 剃って(シェービング)処理

VIOライン(ハイジニーナ)のムダ毛を剃って処理

ムダ毛の処理方法として、一番多いと思われるのが剃るシェービングです。 Vラインのムダ毛処理も、剃って処理している方が多いと思いますが、ずっとそれを続けていくのは、ちょっと問題がありそうです。

肌を痛める・・・ムダ毛を剃って処理するのは、肌を痛めてしまう原因になります。 カミソリ負けをしてしまうのは論外ですが、そこまで酷くなかったり、自覚がなくても肌は摩擦に弱いので痛むのです。 続けていれば、黒ずみなどの原因になることもあります。

危ない・・・VIOライン(ハイジニーナ)はデリケートな部分ですので、出来ればカミソリは使いたくないものです。 特にIOラインは剃り難い部分ですから、十分な注意が必要になります。

埋没毛・・・抜くよりも確率は低いですが、埋没毛になる可能性があります。 ただ埋没毛になるだけなら良いですが、化膿してにきびのようになると、痛いですし見た目も悪いです。

一時的・・・剃るのは一時しのぎのムダ毛処理ですので、時間が経てばムダ毛は生えてきます。 そうなれば、また剃って処理する必要があります。 剃る回数が増えれば増えるほど、上記のようなリスクが高まります。

チクチク・・・水着を着るのに、Vラインのサイド部分をちょっと剃った程度では経験がないかもしれませんが、 剃ったムダ毛が少し伸びてくると、チクチクして痛がゆいものです。 我慢できるレベルなら良いのですが、我慢しにくいこともあるので、生え始めたら気をつけておきましょう。

以上のような理由から、VIOライン(ハイジニーナ)を剃って処理するシェービングはあまりオススメできるものではありません。 ですが、水着を着るために年に一度、Vラインのサイドを整える程度なら、シェービングもありだと思います。

Vラインのサイドは、直前にシェービングした方がキレイだと思いますが、カミソリ負けなどしてしまうと、 ムダ毛がハミ出ている以上に恥ずかしい思いをするかもしれませんので、予行練習はしておいた方が良いでしょう。

ただし、深剃りなど、肌を痛めつける行為はしないようにしてください。 また、肌を傷つける可能性は同じかもしれませんが、摩擦抵抗が少ないので、出来ればカミソリではなく、電動のものが良いと思います。 男性の電動髭剃りのようなものではなく、男性の電動髭剃りに付いているキワゾリ刃といわれるバリカンのようなものです。 専用のシェーバーも販売されています。

でも、やはり年に何度もシェービングする場合には、永久的にムダ毛の生えてこない脱毛方法を検討した方が良いと思います。

脱毛エステに通ってもシェービングは必要?

多くの脱毛エステで導入している光脱毛で、VIOライン(ハイジニーナ)を脱毛するときもシェービングが必要になります。 可能であればシェービングしない方が良いのですが、こればかりはどうにもなりませんので、シェービングすることになります。

「シェービングでムダ毛の処理をするのはダメ!」と言いながらも、「脱毛エステに行くのにシェービングするのは良いの?」 という疑問が出てくるかもしれませんが、これは仕方のないことですし、ダメというのは繰り返してはいけないと言うことです。

脱毛エステの場合、脱毛エステに行く前日~3日前にシェービングして、 少しムダ毛が生え始めたところで施術してもらうのが効果的と言われています。

シェービングは肌への影響などを考えると控えた方が良いのですが、脱毛エステでの脱毛が完了すれば、 基本的にシェービングする必要はなくなります。

つまり、脱毛が完了するまでの間だけシェービングすれば良いのです。 それに深剃りなんてしなくて良いので、電動シェーバーなどで軽くやっておけば良い程度です。 なので、肌への負担も最小限ですみます。(*あまり伸びていたり、剃り残しがあると、施術してもらえないこともあります。)

ですが、ずっと自己処理でVIOラインのムダ毛をシェービングで処理していると、何度となくシェービングを繰り返すことになります。 この何回も繰り返すのが危ないと言うことです。

ですので、脱毛エステに行くときにシェービングをするのは、仕方のないことですし、 今後シェービングをしなくて済むようにするためにも、必要なことと理解しておけば良いと思います。

ちなみに、脱毛エステでのVIOライン(ハイジニーナ)の脱毛完了は、10回前後だと思います。 人によっては数回で終わってしまうかもしれませんが、その逆に十数回施術が必要な人もいると思います。 もし、15回通ったとしても、15回シェービングすれば、それ以後剃る必要がないのですから、自己処理を続けるよりも間違えなく良いのです。

また、VIOラインはとてもシェービングしにくい部分ですので、自分でシェービングする自信がない場合には、脱毛エステにお任せするようにしましょう。

通う脱毛エステによって、シェービングをしてくれる場合と、してくれない場合。 また、有料の場合と、無料の場合がありますが、有料の場合でも、無理して怪我をするリスクがあるのなら、お金を払った方が安いです。 VIOラインがデリケートゾーンであることを忘れないで下さい。

シェービングは脱毛施術の前日~3日前がベストだと言われていますが、脱毛エステで当日しても問題はないのです。 脱毛器が使える適切な長さに、肌への負担が最小限になるように処理してくれます。

また、シェービングに関しては、脱毛エステによって指定される日が違いますので、脱毛エステの支持に従うようにしましょう。

Copyright © ハイジニーナVIOライン脱毛
円安